西片貝発ブログ〜sugar&salt

<< 日本、韓国戦も初代表組ら主体! | main | 原爆投下から60年、広島で記念式典=米国では依然根強い擁護論! >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

 ←投票はご自由に→ ブログランキング
| - | | - | -
「盗撮非公表」に市民から批判、神奈川県警は「妥当」!
 警察官の判断基準がよくわかりません。警察官とは立場上、どんなに小さい事件でも起こしてはならないのではないでしょかね。このような事件を起こして減給程度で済ませることがよくわかりません。どんな事件でも起こしたら即免職くらいにしないと、警察官の事件は減らないのではないでしょうか。しかし、警察側もよくそんな腐った人間を雇い使い続けますね、不思議だ。神奈川県警・・・まさに『危ない刑事』ってとこですか。


神奈川県警の警察官5人による盗撮行為が相次ぎ発覚した問題で、県警が処分を公表しなかったことなどに対し、市民からは500件を超える批判や疑問の声が県警に寄せられている。
 県警は「警察庁の指針に従ったもので、隠ぺいではない」と反論しているが、両者の感覚の隔たりは大きい。
 問題が発覚した6月23日から今月5日までに県警に届いた電話やメールは541件。ほとんどが「退職金を返させろ」「なぜ身内の犯罪は隠すのか」といった批判的な内容だという。駅で女子高生を盗撮しようとして鉄道警察隊に取り押さえられたものの、画像がないとして立件しなかった中原署巡査長のケースについて、県警幹部の中にも「犯罪は成立しており、送検して検察の判断に委ねるべきだった」という声がある。
 情報公開に詳しい千葉大の新藤宗幸教授(行政学)は「警察官の社会的立場を考えれば、懲戒処分は公表するのが普通の感覚。透明性確保が市民の信頼につながるのに、これでは隠ぺい体質と思われても仕方がない」と指摘する。
 こうした批判に対し、松本治男・県警警務部長は「処分は妥当。いずれも素直に認めており、悪質性は低く、社会的影響もない」と反論する。県警が非公表の根拠にしたのは、警察庁の2つの指針。「懲戒処分の指針」では、盗撮は停職か減給と規定。「懲戒処分の発表の指針」では、職務上の行為での懲戒処分はすべて公表するものの、私生活上の行為は停職以上を公表すると定めている。
 県警は今回、5人の警察官を減給かそれ以下とし、公表しなかった。停職(=公表)か減給(=非公表)かは、県警の裁量に委ねられているのが実情だ。(読売新聞)
 ←投票はご自由に→ ブログランキング
| ニュース | 19:04 | comments(0) | trackbacks(1)
スポンサーサイト
 ←投票はご自由に→ ブログランキング
| - | 19:04 | - | -
コメント
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://nisikatakai.jugem.jp/trackback/31
トラックバック
警官が盗撮未遂で減給処分 神奈川県警、公表せず 市民から批判
 神奈川県警の警察官5人による盗撮行為が相次ぎ発覚した問題で、県警が処分を公表しなかったことなどに対し、市民からは500件を超える批判や疑問の声が県警に寄せられている。  県警は「警察庁の指針に従ったもので、隠ぺいではない」と反論しているが、両者の
| 気になるニュースなど | 2005/08/07 3:19 PM |
投票はご自由に↓

 ブログランキング
CALENDAR
S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< April 2017 >>
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
RECOMMEND
生協の白石さん
生協の白石さん (JUGEMレビュー »)
白石 昌則,東京農工大学の学生の皆さん
RECOMMEND
SELECTED ENTRIES
CATEGORIES
ARCHIVES
RECENT COMMENT
RECENT TRACKBACK
PROFILE